悩みタイトル

皆様こんにちは、天神国体道路接骨院です。
皆様はこの様な症状やお悩みに悩んではいませんか?

常に手足が冷たい。

寒い訳でも無いのに手足が冷たい。
布団に入っていても手足が冷えて眠りにくい事。
厚着をしていても体全体が冷えてくる事。
便秘や下痢になりやすい。
運動をしていても痩せにくい人。

上記の症状やお悩みに当てはまる人は「冷え性」の方になります。特にこの季節の変わり目で体調の変化だけでなく、外気温も日中と朝、夕方〜夜にかけて温度差が激しく変化していきます。その気温に合わせて人間のお体も体温調節していかなければなりません。しかし「冷え性」がある為、なかなか良く成らない方や、長年この「冷え性」と戦っている方も多く居るのでは無いでしょうか?そんな方を少しでも助けていきたいと思う気持ちで一筆取らして頂きます。

冷え性に対する当院の考え

当院では「冷え性」の考えとして、血液循環が非常に大きな関係があると思っております。そもそものなぜこの「冷え性」が発生してしまうのかと言うと、人間の体内の血液の流れが非常に悪くなってしまっている為、各組織の細胞立ちに必要な栄養を届けている、「毛細血管」に温かい血液が循環せず、に血管が収縮してしまうことにより、そのため手先や足先までの状態が冷えてしまうことが、そもそもの「冷え性」の始まりになります。しかも「冷え性」にはほとんど季節や気温も関係なく、炎天下の真夏であっても「冷え性」の症状は出ます。冷え性には、日々の日常生活の生活習慣大きく関わって気ます。

冷え性を放っておくとどうなるの?

冷え性を放置してしまうと、本来はたらくべき体温調節機能が崩れてしまい、その崩れにより、様々な機能の障害を引き起こしてしまいます。まず一つに自律神経の乱れになります。ストレスや不規則な生活の影響により、本来働いてくれる自律神経が命令を出さなくなってしまい、うまく機能し無くなってしまいます。そのことにより夏に時期でも「冷え性」が起こってしまう原因になります。二つ目が血流循環の悪化になります。貧血や低血圧などの血管系の疾患がある方は特に毛細血管の循環も悪くなってしまっているため各組織に血液をうまく循環できなくなってしまっている為「冷え性」として症状が出てきてしまいます。

冷え性の改善方法

冷え性の改善するためには、治療自体を行うのは当たり前ですが、日頃の日常生活から改善して行くには、まずは、食事になります。特に体を温める機能がある食物を取る事だけでなく、体の中の血液循環を良くしてくれる、「ビタミンE」をたくさん摂取することで体の循環を良くしてくれる為お勧めです。あとは適切な運動です。体を動かすことで更に全身の血液の廻りを良くし、体温上昇にも関与いたします。例を出すと、ランニングやウォーキング、筋トレなどになります。しかしながら過度に運動を行なってしまうと、今度は筋肉自身の回復に血液を使用してしまうため、更に「冷え性」を進行してしまう原因とも言えるため、適切な運動1番と言われております。

冷え性の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

当院で「冷え性」の改善について行える施術は、「全調整鍼」になります。ただの鍼施術ではなく、身体の特にお腹のツボを触診しそこから冷え性の原因になっている場所を特定し、手足のツボに鍼を打ちます。そこから体の中で更に辛さが出ている場所に鍼を打ちます。「冷え性」は毛細血管だけでなく体の臓器の血管からも障害を出している可能性もある為、そこに対しての施術を行います。鍼を打つことでその組織にある古くなった血液を集めて新たな血液を送り出す効果もあるため体温も上昇していく施術になります。鍼以外にも他の施術ですと当院では「足の極み」になります。足の極みは特に冷え性の方は足先の冷えが気になる方は足の血流が滞っているため冷えのつながりになります。

その施術を受けるとどう楽になるのか

この「全調整鍼」と「足の極み」を受けると全調整鍼では、自律神経の乱れと共に、血液循環の乱れを改善できる為、冷え性の大敵と言える二つに対してのアプローチができる施術になります。足の極みでは、ふくらはぎの筋肉に対しての施術になり、足の冷えの元になるふくらはぎの血液循環を改善できるため足先の冷え性にお悩みの方はかなりおすすめの施術になります。特に足の極みではオイルを使う施術にもなりリラックス出来るので副交感神経にも効果があります。

改善するために必要な施術頻度は?

改善する為に必要な施術期間は冬場の時期では、足の極みの施術は頻度で言ったら週に2〜3回の頻度が必要になります。
理由としては、冬場でふくらはぎの筋肉が硬くなってしまい、毛細血管に血液が滞って閉まっている為、この頻度が必要になります。前調整鍼は自律神経系にも効果が大きいため週に1回〜2回の頻度の施術期間が必要になります。

冷え性関連でよくある質問

明るい挨拶

  • Q.そもそもどうして冷え性になるの?
    A.原因は様々ありますが特に女性が多いとされています。約7割から8割の方が冷え性になっているとされています。
    その原因は女性は男性より筋肉量の生成が少ないのが原因とされています。
    その他にも自律神経の乱れ、エアコンの使い過ぎ、ホルモンバランスの乱れ、皮膚感覚異常などが挙げられます。
    その中でもよくあるのが『姿勢不良』によるものです。
    姿勢不良になってしまうと神経や血管を圧迫してしまいます。仮に圧迫されてしまうと圧迫された先に血液、神経が通らなくなります。
    そのため手先が冷えやすくなり夏でも靴下が欠かせなくなってしまいます。

  • Q.冷え性に効く飲み物はありますか?
    A.冷えに効く飲み物はたくさんありますが、誤った飲み方などしてしまうと逆に冷えてしまったり、なかなか温まらないなどがあります。
    その中でも当院が勧める飲み物をご紹介いたします。
    ・紅茶(ホット)
    ホットの紅茶は誰もがご存じで定番になりますでしょうか。
    紅茶は茶葉を発酵させて作られておりますが発酵したものは体を温める作用があるんです。
    また、酸っぱいで有名なレモンは、細胞の生まれ変わりを高める働きがあり、血流の促進などに効果があります。
    注意事項として紅茶はカフェインが入っていますので飲みすぎると眠気が覚めてしまったりトイレに行く回数が増えてしまいますのでご注意ください。

  • Q.なんで女性の方が冷え性が多いの?
    A.皆様は基礎代謝という言葉をご存知でしょうか?

    基礎代謝とは体温維持、心臓が動く、呼吸するなどといった人が生きていく為に必要最低限のエネルギーの事を言います。

    基礎代謝量は1日で消費するエネルギーのうち、約70%を占めています。

    そして、筋肉量が基礎代謝の約2割を占めていて、女性の方が男性に比べて筋肉量が少ない為、代謝が比較的に悪いのです。

    結果、体温を維持できなくなり、そうすると体温を維持しようと筋肉が減った分、脂肪で埋めようする為、身体に脂肪がつきやすくなったりします。

    さらに近年ではデスクワークの増加などで、運動する機会が減ってきていて、さらにコロナの影響もあり外出する機会が激減している為、実は男性も冷え性の方が増えてきているのが現状です。

    改善策としてはまずは基礎代謝量を上げる為に適度な運動であったり、何より決められた時間に起きる、寝る、栄養をしっかり採るなど、規則正しい日常生活を送る事が何より大事になってきますので、皆様もまずは生活習慣から一つ一つ改善していく事が何より冷え性改善に繋がります。

  • Q.なんで末端冷え性になるの?
    A.末端冷え性の原因になるのは主に4つあげられます。
    ①寒い環境
    体温を調整している自律神経には2つあるのですが、それが交感神経(興奮時)と副交感神経(リラックス時)です。人は寒さを感知すると交感神経が優位になり、身体の末端の血流を滞らせ、身体の中心(心臓側)の体温を維持させようと働きます。なので、寒い環境の中で生活をすると末端冷え性に繋がります。

    ②筋肉量減少による血行不良
    筋肉というのは心臓と同じ様に血液を全身に送るポンプのような働きがある為、筋肉量が少ないと全身へ送る血液量が低下して、血行不良を招きやすいです。また、男性に比べて女性は筋肉量が少ない為、この様な症状が起こりやすい傾向にあります。

    ③体内の血液循環の悪さ
    食生活の乱れや体内の水分不足、悪玉コレステロールのとりすぎなど、いわゆる日常の生活習慣が悪いと体内の血液循環が悪くなりやすく、さらに高血圧、糖尿病なども原因の一つとなります。

    ④過度のストレスによる血行不良
    ①でも話した様にストレスを感じる事で自律神経の乱れが生じやすくなります。人はストレスを感じると交感神経が優位に働き、緊張状態が持続します。そうなると血管が収縮したままになるので血行が妨げられます。

  • Q.冷え性になると身体はそんな症状が出るの?
    A.冷え性という、症状はそもそも、2つのパターンがあり、普段皆さんが耳にする冷え性とは、西洋医学的には検査や診断時では特別な異常が現れていないのにも関わらず、身体が冷えている状態の事を言い、その為、西洋医学では、疾患名として認められていない為、「手足の冷え」や「ゾクゾクするような寒気」などの症状がみられても、「冷え性」という体質として認識しています。
    対して、東洋医学の場合は「冷え症」といい、きちんとした治療が必要な症状として扱っております。当院では勿論冷え性の方の施術も行っておりますのでご安心してご来院くださいませ。
     主な冷え性の症状としては、関節痛、腰痛、肩こり、頭痛、ほてり、のぼせるような感覚「冷えのぼせ」、寝起きが悪い、寝坊しがち、休んでも疲れが取れない、倦怠感、などが冷え性の主な症状になります。

  • Q.寝る時、冷え性のせいで中々眠れません。何か対処法はありますか?
    A.そもそも寝る時に何故特に冷えやすく、眠れなくなるなるかはご存じですか?
    それは、寝る前もしくは寝ているときは交感神経から、副交感神経に切り替わり、血流が遅くなる事により、足まで上手く血液が行き届かなくなり足の冷えが起こります。
    ちなみに、交感神経、副交感神経とは身体の中で休むことなくずっと働いている神経になります。体の内臓や、筋肉、血管、血液に至るまで、身体のすべての調整を行ってくれています。この神経たちが上手く働いてくれないと、身体の調節自体が出来なくなります。
    なので、対策としては、寝る前に生姜の入った温かい飲み物を飲んだり、足の甲や、付け根のあたりをマッサージをして寝るとよいでしょう。