悩みタイトル

出産後の患者様でこのような症状や気になる事がある方はいませんか?
腰や首が痛くなる
ズボンのウエストが合わない
体が歪んでいる気がする
骨盤がグラグラする
筋力の低下している気がする
下腹部のたるみ
体重が戻らない
力を入れると尿漏れしてしまう

骨盤の役割とは

まず、骨盤とは尾骨(びこつ)・寛骨(かんこつ)・仙骨(せんこつ)という3つの骨がパズルのように組み合わさって出来ている場所になります。
この骨盤には役割が4つあります。
①上半身を支える役割
②歩行をサポートする役割
③座る時に身体を支える役割
④内臓や生殖器を守る役割
寛骨は太ももを動かす大腿骨に、仙骨は上半身を支える背骨につながっています。
そのため、下半身はもちろんですが、上半身にも必ず必要なものになります。
そして、座る際に筋肉に負担をかけないため、座骨という骨で体のバランスをとる役割も担っております。

産後の骨盤はなぜ歪むのか

産後はよく骨盤が歪むと聞きますが、それはなぜか知っていますか?
それは出産時に『リラキシン』というホルモンが分泌されるからです。赤ちゃんがお腹から出てくる際に産道を通りますが、通常時の骨盤のサイズでは赤ちゃんは出てこれません。ですので、リラキシンというホルモンを分泌し、骨と骨を繋いでいる靱帯を緩ませ、出産しやすくするためです。
また、妊娠後、子宮が拡張され、内臓が下に下がっていくため、それを支えるために骨盤が開きやすくなるとも言われます。ですので、帝王出産でも骨盤が歪んでいる患者様も多くみられます。

産後に骨盤の歪みを放っておくとどんな症状が現れるのか

産後の骨盤の歪みを放っておくと筋肉や骨格、そして、内臓系の症状が多く出てきます。
まず、骨盤が歪んでしまうことにより、体は傾いてしまい、バランスをとるため、筋肉の緊張が強くなり、肩こり、腰痛が出てきます。また、骨盤が歪むことにより、背骨や股関節、膝などに負荷がかかり、関節痛なども出てきます。ほかにも、骨盤が歪んだままだと、内臓が通常の位置により、下に下がってくることから、内臓の働きが低下し、皮下脂肪が増え、ポッコリおなかになってしまったり、血流の流れが低下し、手足の冷えや下肢のむくみなどの症状が出てしまいます。

当院の産後骨盤矯正施術とは

骨盤の歪みはもちろん、首の位置や背骨や足の軸、肩の内巻きを改善する施術となります。「矯正はボキボキして痛いのでは?」と思う方もいると思いますが、当院の矯正は整形外科の長谷川先生研修の元、施術させて頂いておりますので、安心してください。出産後の骨盤の左右の歪みと開きを整え、下肢のねじれを改善することにより、開きにくい状態を作り、下肢のバランスを整えることが出来、肩の内巻きを改善することで骨盤の前後の歪みまでアプローチの出来、日常生活での歪みの再発を防ぐことを目的とし、患者様それぞれに合ったオーダーメイドの治療をさせていただきます。

産後骨盤矯正をうけるとどうなるのか

本来、人間は身体の中で一番重いと言われる頭を支えるために骨格と筋肉があります。ですが、出産後の骨盤の歪みのせいで骨格が歪み、筋肉で支える比率が増えてしまいます。そのため、筋肉の緊張が出てしまいます。当院の産後骨盤矯正を受けることにより、筋肉や骨格の状態が理想の状態に近づきます。筋肉が理想の状態を作ることにより、筋肉の緊張が緩和し、肩こりや腰痛がなくなります。そして、骨格が正しい状態になる事により、骨盤が安定し、内臓の位置が通常の位置になるため、手足の冷えやむくみ、ウエストの減少につながります。

改善するために必要な施術頻度は

改善していくためには頻度と期間が必要となってきます。頻度は多いに越したことはありません。理想は毎日でも行っていただきたい治療になります。ストレッチは毎日やるほうが効果が出ますよね。それと同様に治療にやりすぎはありません。
つぎに期間です。当院では約12か月を推奨させて頂きます。理由は筋肉の細胞は常に生まれ変わり続けます。体に定着するのに9か月~12か月かかると言われます。