悩みタイトル

テニスを長年行ってきて、特にテニスのストローク時に痛みが出るようになってしまった。
タオルや雑巾(掃除の時など)を硬く絞るために強く握りこむと痛みが出る。
デスクワークでPCの入力作業などを長時間行っていると痛みが出てきて仕事に集中できなくなった。
家のドアノブを回す時に痛みが出てしまい日常生活にも支障が出るようになった。
最近、何もしていない時でも肘から手にかけての痛みや痺れるような感覚が出る。

テニス肘に関する当院の考え

テニス肘は正式名称を上腕骨外側上顆炎といい主に手首に負担のかかる動作を繰り返すことによっておこる症状の一つです。スポーツで言うとテニスのストローク時に痛みが出ることもありテニスを長年続けてきた人に見られやすい症状になります。また、テニス肘では症状が比較的進行していない状態の場合、動かさなければ痛みを感じることはありません。ただし、スポーツ以外を挙げるなら長時間のPC作業、ドアノブを回す、雑巾やタオルを絞るといった日常生活や仕事で手首を使う動作を行う事で肘の外側に痛みを感じるのが大きな特徴と言えます。

テニス肘を放っておくとどうなるのか

テニス肘を放置し重症化してしまうと、物をつまむことが痛みを感じ困難になってしまいます。また、肘を曲げたり伸ばしたりする動作が行いにくくなってしまいます。原因の1つとして加齢や使い過ぎによって痛みが出てしまうため仮に放置したとしても常に痛みが走っている状態なので普段出来ていた日常動作がしにくくなり何かしらの行動を躊躇ってしまう可能性が出てきます。また、体質にもよりますが糖尿病であったり甲状腺の病気による重症化もあります。もし、重症化してしまうかも?と疑問に思われる方は是非当院へお越しいただきお身体の状態を診させていただければと思います。

テニス肘の改善方法

テニス肘の改善方法として安静にしてもし肘や痛みの出ている部分に熱感がある場合は炎症が起こっているため冷やしてあげることが大切になります。ですが冷やすだけでは残念ながら症状の方は良くなりません。使い過ぎが原因のため肘を使わなければ症状は悪化することはありません。ですが、日常ではそんなわけにはいかないためご自身で対応する必要があります。まず1つが肘の外側をストレッチです。ストレッチをすることにより痛みの緩和、固まった筋肉を伸ばして可動域を上げることが出来ます。2つ目が肘に対するサポーターです。普段人目を気にしてストレッチが出来ない方はサポーターによる痛みの緩和で生活のレベルをあげることが可能です。

テニス肘の改善にオススメする当院の施術メニューとは

明るい挨拶

当院の効果的なメニューは2種類あります。
1つが鍼での施術になります。鍼の効果は痛み物質を取り除く効果や自然治癒力を高めてくれる効果、筋肉を緩めてくれる効果などがあります。テニス肘は特に痛みが出て日常動作がしにくいということがある為痛みを取り除くには十分効果が見込めます。
2つ目が電気を使った施術になります。名前の通り電気を流して肘に対してアプローチを行います。特に電気では痛みが広範囲にかけて出ている方に効果的となっております。また、患者様によって効果があるもの、ないものがありますのでメニューでお悩みであればご相談ください。

その施術をうけるとどう楽になるのか

鍼での施術、電気での施術の共通はどちらも痛み物質の緩和に繋がります。特に深層部にまで行き渡る為、当院が特に推奨しております。また肘の痛みになると関節の可動域が上がります。具体例を出すと雑巾絞りがスムーズになる、ペットボトルのキャップがスムーズに開け閉めが出来るようになるなどといった日常生活がスムーズにしやすくなります。また患者様からのお声では趣味のテニスが出来るようになった、料理の際にフライパンをよく利用するため全然苦にならないとお喜びのお声を多数いただいております。

軽減するための施術頻度は

改善するために必要な頻度としてお伝えしているのは目指すゴールによっても変化はありますが週に2~3回になります。少なくても週に1回のペースで通って頂くと変化をより感じやすくなります。理由として治療後お身体が良い状態に変わってもずっとその状態を維持出来るわけではありません。肌のターンオーバーと同じです。例えば何もせずに2週間空いてしまった場合元の痛みがある状態に戻ってしまっている可能性も考えられます。そのため最低週1回、来れるときは毎日といった頻度で施術を行う事が必要になります。